ホーム > 診療メニュー > 歯が抜けた

歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった場合に一番大事なことは

ひとが歯を失う原因は、虫歯と歯周病がそのほとんどを占めています。
歯がなくなると、なんらかの方法によってなくなった歯の埋め合わせ、補綴(ほてつ)治療をおこなう必要があります。

なぜなら、歯がないとまず、食べ物がうまく噛めなくなってしまうためです。第1大臼歯(奥歯)が一本なくなると、噛む力が30%ほども減少するといわれています。
また、そのまま放っておくと、相方の歯(上下の歯)が伸びたり、隣り合う歯が寄ったりするため、それを防ぐ必要もでてきます。

歯は日頃から、たがいに持ちつ持たれつの関係にあって、全体のバランスを保っています。ですから、一本なくなると、かみ合わせがくるって、顎(あご)の関節に悪影響があらわれる場合もしばしばあります。

さらに、発音がはっきりせず、顔つきまで変ってしまう場合もあります。

その上、食べ物がうまく噛めないと、食生活にさしさわりがでるだけでなく、老化が進んでしまうこともあります。しっかりとよく噛むことで、血液の循環が保たれ、体中─とくに脳に─酸素と栄養を十分に供給することができるのです。つまり、よく噛むことが、新陳代謝を高めるとともに、認知症の予防にもつながっているのです。 

歯を失うことで将来的おこりうる、そうしたさまざまな障害をあらかじめ防ぐためにも、補綴治療は欠かせないものといえるでしょう。

当院では、患者さまのご要望と症状に応じて、さまざまな補綴の治療に取り組んでいます。

患者さまのお口の状態、希望に合わせ治療方法をご提示いたします。患者さまが納得されてから治療を行います。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯に保険適用の入れ歯と保険適用外(いわゆる自費)の入れ歯があります。
保険適用内でできるプラスチック素材の入れ歯は低予算な上に、修理も簡単です。ただし、幅などが暑くなりやすく、そのために違和感があったり、話しにくかったりする場合もあります。

保険適用の入れ歯が悪いということではありません。きちんと作れば機能(咬合)の回復をすることができます。ただ、使用できる素材などに制限があるということです。

・保険適用外(自費)の入れ歯は素材や作成に制限がなく今ある最も新しい素材や方法により入れ歯を作ることができます。種類もいくつかあります。

ただし患者さま全てに保険適用外の入れ歯が最良の選択とは限りません。患者さまによって保険内、保険外のいずれが最良の選択かは患者さまのあらゆる条件、状態によって変わります。そのことについてはきちんと説明いたします。

金属床の入れ歯

プラスチックの一部を金属にすることにより厚みを薄く(約1/3程度)することができます。また金属の特長である熱の伝わりが良いことから熱い食べ物は熱く、冷たい食べ物は冷たく、食べ物の温度の違いによる美味しさを感じることができます。

コンフォート義歯

コンフォート義歯は、入れ歯の裏面を、生体用シリコンというクッション材で覆ったものです。
このため、生体用シリコンの吸着力が、歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげてくれます。

また、弾力性の高い素材を用いることで、よりお口に密着し、外れやすいといった、これまでの入れ歯の悩みが解消されます。

部分入れ歯でも総入れ歯でもコンフォート義歯は可能です。

バネのない部分入れ歯

部分入れ歯の場合、通常入れ歯をお口の中に固定するため、今ある歯に金属のバネをつけます。(保険内)
保険適用外の部分入れ歯では金属バネを使用しない部分入れ歯があります。そのためお口の中にある部分入れ歯がほとんど外から目立ちません。

ブリッジ

ブリッジは被せ物の一種で、歯を失ったとき、その両側にある歯を削って土台をもうけ、橋をかけるようにして欠損部に人工歯を入れる治療法です。

ブリッジは入れ歯と違い、セメントにより接着します。入れ歯より天然の歯に近い状態で噛むことができます。固定制なので入れ歯のように取り外す必要がありません。

また、歯の症状や状態によっては施術できない場合もあります。
まず、ブリッジが可能かどうか検診をおこなって、もしできない場合は、それ以外の治療法をご提案いたします。

インプラント

インプラント

インプラントとは、直接骨に埋め込んだ人工の歯のことをいいます。

これまでは、歯の欠損部分にはブリッジや入れ歯が一般的でした。
けれども、ブリッジをするために歯を削ったり、欠損部を支える歯に負担がかかったりしたため、寿命が短くなることがあります。
また入れ歯は痛みをともなったり、動いたり、外れたりと、装着後の不快感が問題点でした。

こうして開発されたのがインプラントです。いまやインプラントは、ブリッジや入れ歯に代わる次世代の治療手段として確立されたものと考えられるでしょう。

インプラントは完全な人工物ですので、プロによる継続的なメンテナンスが必要となります。

治療後もメンテナンスとして3ヶ月に1度、かみ合わせの定期的な調整と、クリーニングをお受になるようお勧めしています。
当医院が考えるに歯の欠損部にすべてインプラントが最善の方法とは考えていません。患者さまの口腔内及び体の状態によりインプラントの確実性が高いと診断されたときのみ行います。

やってはいけないインプラントを行ったため不幸なことになったという話を耳にします。