スタッフブログ

2014.11.27更新

 小学生になっても、野菜が全く食べられない子どもがいます。家庭でも学校給食でも野菜が苦手でたべとうともしません。
 これらの子どもは、離乳期から甘味や塩味、うま味だけで育ってきたのです。乳児期から清涼飲料やスナック菓子の味を覚えたために甘味や塩味を過度に嗜好する様になって、酸味や苦味に対するトレーニングが全く不足してきているのです。このような野菜嫌いを一朝一夕に治せるものではありませんが、不可能ではありません。
 次のような方法で根気よくトレーニングしてみましょう。
まず、清涼飲料の買い置きをやめて麦茶を冷やしておきましょう。麦茶は苦味のトレーニングに最適です。
 スナック菓子もできるだけ減らしていきましょう。子どもに与えるときにも、袋ごと与えずにお皿に小出しにします。買い置きをしないことも大切です。
 インスタントラーメンなど加工食品も同様です。両方とも塩味嗜好をエスカレートさせて薄味のものを美味しく感じなくさせてしまいます。これらを多食していたのでは、せっかくの味覚トレーニングも効果がありません。
 酸味のトレーニングにはプレーンヨーグルトを使う方法がよいとおもいます。市販のプレーンヨーグルトには砂糖がついていますから、最初は甘くして(子どもは甘味を好む)砂糖の量を徐々に減らしていけば酸味のトレーニングになります。
 酸味や苦味のトレーニングが行われ、野菜に慣れるきっかけをつくります。
そして、ドレッシング(酸味)を使って少しずつ気長に生の野菜に慣れていきましょう。
(ただし、市販のドレッシングには食塩や化学調味料が含まれていて、これでは酸味や苦味のトレーニングになりません。そこで、市販のドレッシングに、サラダ油二に対して酢一の混合を加えて薄めます。はじめは全体の一割程度にし、二割、三割と段階的にふやしていきます。)
 *サラダ油については後に、詳しく書こうと思いますが、オレイン酸、紅花油、オリーブ油などがよいでしょう。
   リノール酸はおすすめしません(これも後で、詳しく書こうと思います。)
子どもは野菜嫌いとあきらめず、根気よく味覚のトレーニングを行ない野菜嫌いを少しずつ治していきましょう。過度の甘味や塩味嗜好が、将来的に成人病をひきおこす危険性をもっています。ビタミンや食物繊維を豊富に含む野菜は、成人病予防に有効なだけでなく、虫歯を予防する食べ物でもあります。
 野菜嫌いはできるだけ早い時期に治しておきましょう。

投稿者: 吉岡歯科医院